債務整理を専門家に

債務整理を専門家に依頼する場合、弁護士に依頼する方法と、司法書士に依頼する方法があります。
どちらがいいとは一概には言えません。
料金面で見れば、司法書士に依頼した方が費用を抑えることはできますが、弁護士ではないため、代理人にはなれません。
そのため、結果的に個人再生や自己破産の手続をすることになった場合、かえって費用がかかってしまうこともあります。

どちらに依頼するかの目安としては、現在の借金が140万円以下で任意整理をする場合であれば司法書士に依頼した方が費用は少なく済みます。
裁判所への申し立てが必要な場合は、弁護士に依頼するのが良いでしょう。
個人再生や自己破産のように裁判所へ申し立てが必要な場合、司法書士に依頼すると代理人にはなれないため、裁判所に本人による申し立てが必要となります。
時間や手間もかかり、裁判所にかかる費用が50万円程度必要となるため弁護士に依頼した場合に比べて費用も手間もかかります。
また、弁護士に依頼した場合、小額管財手続が可能になり状況によっては費用を抑えることができます。
司法書士は書類作成代理人で、弁護士は代理人というのが大きな違いでしょう。

弁護士と司法書士のどちらに依頼をするのが良いのかは、選択する債務整理の手続によって変わるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です